首鼠両端

アクセスカウンタ

zoom RSS 博多座 細雪のエキストラ

<<   作成日時 : 2017/04/28 23:55   >>

トラックバック 0 / コメント 0

「細雪」着物エキストラ出演の日♪

昼の部に出演のBEERさん見てから、美容院に行って髪と着付けをしてもらいました。
プロの方に着せていただくと、ピシッときまりますね

美容院の前で。
画像


楽屋入り(なんだかくすぐったい言葉)は17時

ライト付の鏡が並んでいます。
画像


せっかくなので座ってみる(笑)
画像



会場の様子を写すモニターがあるので、自分の出番が近づくのが分かります。
画像



スタッフの方が迎えに来てくださって、ステージの裏へ。
リハーサルで教えられた立ち位置でスタンバイします。

四女妙子の作った人形の個展会場の場面。きれいな日本人形が並んでいます。
回り舞台が動くと、分かっていてもよろっとなってしまいました(^^;)

パッとライトが点くと、さあ、始まり

受付の方からパンフレットを受け取り、芳名帳に名前を記入。
旦那様と一緒に受付の後ろに貼られた作者の紹介を読みます。
旦那様の後について人形を見ていきます。いろいろおしゃべりしながら。
ステージ中央では妙子の写真撮影やインタビューが続いていて、壮一帆さんの美しさとスタイルの良さにほれぼれ
続けて人形を見ていると、偶然知り合いとあって会釈。
しばらくすると妹とも落ちあい、近くのテープルへ。旦那様が優しく椅子を引いてくれます。
パンフレットを見ながらしばらく歓談。本当にいろいろおしゃべりしていました。
俄かにステージ中央で争いが…。啓ぼんが板倉を殴り、私たちも驚いて椅子から立ち上がります。
啓ぼんが板倉のカメラを妙子から奪い、床に投げつけます。
私たちはその争いを避けるように会場を後にします。
すぐ近くの雪子役紫吹淳さんの美しさにほれぼれ

わずか8分数十秒の舞台でした。
照明で明るいので、客席は一列目がやっと見えるくらい。
見に来てくれた友達の様子は全くわかりませんでした。

役者さんたちが優しく声をかけてくださって感激
旦那様役の俳優さんは緊張をほぐすように話しかけてくださったり、転ばないように手を添えて下ったり、感謝です。


控室に戻って出演記念のパンフレットをいただいて解散。

劇が終わるまで1時間弱あったので、博多座のロビーで友達を待ちました。

一緒に出演した3人で。
画像


いただいたパンフレットには役者さんのサインが入っていました宝物
画像





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
博多座 細雪のエキストラ 首鼠両端/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる